バラードのアドリブ練習法パート1

バラードやミディアムスローの曲でアドリブをとるのは難しいですよね。

ツーファイブのフレーズをバラードのテンポで吹いても、遅すぎてなんだかしっくりこない。
だからといって倍テンで吹くには速すぎるし、そんなにフレーズも沢山持っていないし・・

そんなときは、3拍子でフレーズを吹く練習を始めてみましょう。

どうして3拍子の練習が効果的?

バラードは、

全音符・2分音符・4分音符・8分音符・3連符・16分音符

をうまく組み合わせて吹くことが大切です。

ballad-rhythm

色々なリズムを用い、しかも「しっかりハメる」というのが大切です。

以下のソロでは(コード進行はMy One And Only Loveです)、

4分音符・8分音符・16分音符・3連符・3連符をさらに分割したリズム

でアドリブをとってみました。

myoneandonly-solo1

4・8・16分音符に関しては、ミディアムテンポのソロがゆっくりになった、
というような感覚でフレーズを吹けると思います。

しかし、3連符のリズムでフレーズが吹くためには、
既に持っているフレーズを「3でわれる音数」に調整しなければなりません。

そこで、元々持っているフレーズを、
まずは「3拍子のリズムで吹けるように」練習しましょう。

既に持っているフレーズを3拍子に変換するコツ

3拍子の1拍を2分割すると、8分音符が6つになりますね。
こんな感じ。

yonbunnosan

自分の持っているフレーズを、このリズムで吹く練習をしましょう。

もともと4拍子のためのフレーズのため、字余りになると思いますが、
前か後ろを切り落として、
次の小節のコードトーンはしっかり吹くようにしましょう。

change-rhythm

省く音・切り捨てる音にはルールがあるわけではありませんので、
吹いてみて、違和感のないように3拍子に変えてみましょう。

次回の記事では「3拍子のリズムをどのようにバラードに活かすか」
について紹介したいと思います。

Sponsored Links