中級編アドリブノウハウ

中級編アドリブノウハウ

手が付けられないコード進行、おさえておくと成功しやすいポイント

こちらのコード進行をご覧ください。 このコード進行は「Monk's DreamのAセクション」です。 私がアドリブの勉強を始めた頃、このようなコード進行を見ると「どうやればいいの〜?!」とパニック状態でした。 ...
中級編アドリブノウハウ

【音源・譜面あり】平行移調のフレージングはオススメ!題材曲:Four

突然ですが、このようなコード進行に困ったことはありませんか? 【 Four - Bセクション 】 今回はジャズスタンダード曲によく出てくる「コード進行が半音ずつ進行する」ところでの簡単なフレージングをご紹介し...
中級編アドリブノウハウ

【音源・譜面付き】アドリブがマンネリしてきたら・・モーダルなフレージング

「3コーラスくらいアドリブをしたいな」というときに ■ネタが尽きて頭が真っ白になってしまう ■ツーファイブフレーズとトニックフレーズだけで演奏すると何度も同じフレーズが出てきてしまう ということはありませんか? そんなときこそ、...
中級編アドリブノウハウ

ジョーヘンの「Four」でリディアンフラットセブンスを体感

リディアンフラット7thスケール(=Lyd♭7thスケール)、気になっている方が多い印象です。 いろんなバージョンの「Four」を聴いていたら、ジョーヘンダーソンが「まさにリディアンフラット7thスケール!」なサウンドを演奏していたの...
中級編アドリブノウハウ

【音源・譜面付き】ボサノバのアドリブにもペンタトニックが美味しい

今回は「ボサノバのアドリブにペンタトニックを取り入れると、こんなに素敵にサウンドするんだ」ということをお伝えできればと思います。 使い方は簡単なので、是非、アドリブの選択肢の一つに取り入れてみてください。 ...
中級編アドリブノウハウ

【実践編・音源付き】同じコードが続くときのアドリブ法【ペンタ編】

こちらの記事(クリックすると新規タブで開きます)を読んでから、この記事を読むのがオススメです。 前回の簡単なおさらい ペンタトニックフレーズは「各コードに合わせて部分的に使う」こともできます。 この方法は理論的にはシンプルでサウンドさ...
中級編アドリブノウハウ

同じコードが続くときのアドリブ法【ペンタ編】

販売中のペンタトニックフレーズ集では省いたペンタトニックフレーズの使い方をご紹介します。 同じコードが続くときのアドリブ法にぴったりな方法を覚えられます 今回ご紹介する方法は「同じコードが2小節続くときのアドリブ法」にもぴったりです。 ...
中級編アドリブノウハウ

【音源・譜面付き】ディミニッシュコードの対処法

今回はディミニッシュコードの対処法についてです。 ブルースにも登場するディミニッシュコード 突然ですが、みなさんはこのようなコード進行が出てきたらどうアドリブしますか? 【You're Nobody 'till Somebody ...
中級編アドリブノウハウ

【音源付】バラードのアドリブでディミニッシュスケールを使う【実践編】

バラードのアドリブでディミニッシュスケールを使う【実践編】 です。 ほかのフレーズとの兼ね合いなども書いたので、ちらっと見るだけでも面白いかもしれません。 フレージングの長さや音域を自由にアレンジできるディミニッシュスケールは...
中級編アドリブノウハウ

【音源付き】ディミニッシュスケールでアドリブしてみた【実践編】

ディミニッシュのスケールパターンをアドリブ中わたしが実際どのように演奏しているか 【実践編】 です。ほかのフレーズとの兼ね合いにも注目していただけたら面白いかもしれません。 コンディミスケールというのはマイナーツーファイブ進行によ...
中級編アドリブノウハウ

耳コピ、譜面におこす?おこさない?

耳コピ、譜面におこす派ですか?おこさない派ですか? 2通りの考え方 耳コピしたアドリブソロは、 譜面におこさない方が良い/おこした方が良い どちらの考え方の人もいらっしゃいます。 私はどちらも正しいと思うの...
中級編アドリブノウハウ

アドリブに伸び悩んでいる方必見の一冊

ツーファイブフレーズをたくさん覚えていたり、ツーファイブ進行のところは上手に演奏できる!という方は多いと思います。 私もアドリブを始めて数年は、ツーファイブ進行ではないコード進行すべてに怯えていました。 どんなコード進行もどんと来い...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました