中級編アドリブノウハウ一覧

メジャーセブンスが4小節続いたときの対処法

例えば I'll Remember Aprilの最初の4小節。 いくらメジャースケールからできたフレーズや ペンタトニックからできたフレーズを仕込んでおいても、 4小節も続くとすぐにネタ切れになってきます。

記事を読む

コード進行をなるべく簡素化する方法

コード進行は、コードを省いたり、書かれていないコードを想定したり、 アドリブを演奏するときは、意外と色々な解釈の仕方があります。 一見複雑に見えるコード進行も、 なるべく簡単に解釈して演奏すれば、そんなに怖いものではなくなります。

記事を読む

困るコード進行シリーズ2

攻略法は?? Lydb7thスケールとかドリアンスケールとか言われても難しくて困るんですけど・・・ と思いますよね。 2つ、簡単な攻略法があります。

記事を読む

アドリブがなんかキマらない理由

「書き譜をしたけれど、なんだかかっこよくないんです」 とご相談をいただくとき、 実は、みなさんに共通しているポイントがあるんです。

記事を読む

マイナートニック攻略法

マイナーへ向かうツーファイブは、「ハーモニックマイナースケール」を使って演奏されていることが多いのですが、その解決先であるマイナートニックは、「メロディックマイナースケール」を使って演奏されていることが多いです。

記事を読む

ファイブを消すと演奏しやすい?!パート2

ツーファイブをマイナーセブンスコードのみの解釈にすることにより、 8小節間を通してペンタトニックで演奏することが可能になり、演奏が楽になります。

記事を読む

ファイブを消すと演奏しやすい?!パート1

「ツーファイブになっている」コード進行の ファイブにあたる7thコードは無視して、 敢えてマイナーセブンスコードだけにしてアドリブする方法をご紹介します。

記事を読む

メジャーセブンス攻略その2

メジャーセブンスコードでは、フレーズ集に載っているような 「メジャースケールで作られたフレーズ」を吹く以外にも、「メジャーペンタトニックスケールとブルーノート」を使ってブルージーに吹く方法があります。ペンタトニックと聞くと、適当にスケール一発で吹くというような悪いイメージを思い浮かべるかもしれませんが、それは違います。

記事を読む

書き譜をするのは危険

「自分で書き譜をすること」は、 これからアドリブを習得しよう!という方にとって少し危険な方法かもしれません。コードを見てパッといきなりソロをとれない、という方に 一番実践していただきたいのは、「頭の中で書き譜をする」方法です。

記事を読む

循環の曲の真ん中のセクションをマスター:パート1

循環の曲に苦手意識を作らないために、 「真ん中のセクション」をマスターしましょう!7thコードが続いている場合、 7thコードに対して2度マイナーセブンをつけて、 ツーファイブに想定し直す と、ソロが吹きやすい、という内容でした。

記事を読む

バラードのアドリブ練習法パート2

3拍子に変換したフレーズを、 以下の3つのようなリズムでバラードソロに用いてみましょう。3連符をさらに分割して吹けるようにしておくことの利点は、 吹きやすい&バラードに実は一番大切な推進力・スピード感を出せる というところにあります。

記事を読む

バラードのアドリブ練習法パート1

3連符のリズムでフレーズが吹くためには、 既に持っているフレーズを「3でわれる音数」に調整しなければなりません。 バラードは、全音符・2分音符・4分音符・8分音符・3連符・16分音符 をうまく組み合わせて吹くことが大切です。そこで、元々持っているフレーズを、まずは「3拍子のリズムで吹けるように」練習しましょう。

記事を読む

その曲らしさを出すには/応用を利かせるためには

フレーズを分析することで、その悩みは解消できます。 分析と言っても、そんなに難しいことはなく、私はフレーズを大きく5つに分類しています。 分析をマスターすれば、 よりその曲らしいサウンドをさせることができる 他の曲で応用が効く ようになります。

記事を読む

ディミニッシュを使うメリットと注意点

ディミニッシュスケールから作られるフレーズは、 マイナーに向かうツーファイブのときに最もサウンドします。

記事を読む

アドリブでディミニッシュフレーズを使う方法

一拍くって始めたり、リズムに3連を使ってポリリズムのような風にすると、より雰囲気が出ます。また、ディミニッシュスケールはとても広い範囲で使うことができます。

記事を読む

アドリブへの最短ルート:マイナーフレーズ4

ペンタトニックのサウンド1色になってしまわないためにも、 慣れてきたら、 ツーファイブワンを吹く箇所 と マイナーフレーズを吹く箇所 両方を組み合わせてみましょう。

記事を読む

Sponsored Links