スケール練習は必要ないのか??

よく勘違いされているのが、教則本に載っている 「使用可能なスケール(アベイラブルスケール)」をアドリブに直接活かそう、 としていることです。 スケール練習はスケール練習、アドリブ練習とは切り離して考えるべきです。

記事を読む

アドリブへの最短ルート:マイナーフレーズ4

ペンタトニックのサウンド1色になってしまわないためにも、 慣れてきたら、 ツーファイブワンを吹く箇所 と マイナーフレーズを吹く箇所 両方を組み合わせてみましょう。

記事を読む

アドリブへの最短ルート:マイナーフレーズ3

マイナーフレーズは、何拍目からフレーズを吹こうが、 どこでフレーズを終わらせようが、格好のつく非常に便利なフレーズ なのです。

記事を読む

アドリブへの最短ルート:マイナーフレーズ2

実はペンタトニック+ブルーノートのフレーズにも、 Bebopのツーファイブワンフレーズのように、 いわゆる常套句フレーズが存在します。

記事を読む

不調だったのに・・音がよく出る魔法の方法2

できるだけ癖のない、またピッチの良い、自分の好きな音であるアーティストのCDで、 何かスタンダード曲を一緒に吹いてみましょう。

記事を読む

悪いクセは一瞬で習慣化される

癖は簡単には直りませんよね?と思うかもしれません。 ですが人間の脳は案外単純かつ天才で、その癖に気付いてやめたい、 と思うと一瞬で直してくれるものなんです。

記事を読む

不調だったのに・・音がよく出る魔法の方法1

あまり良い音が出ないなあという日におすすめの魔法の方法があります。推測するに、上手な歌手の方の歌唱を聴くことで、 潜在意識レベルで腹圧が安定し、よい呼吸法がとれるのではないかと思います

記事を読む

アドリブへの最短ルート:マイナーフレーズ

枯葉の一曲全て、どの箇所でもGマイナーのペンタトニック+ブルーノートの音を使ったフレーズを吹くことができるんです!!

記事を読む

覚えたフレーズは忘れてしまってもOK

コードに対する理解が深まるのを、 新しいフレーズを覚えるたびに感じることができるでしょう。

記事を読む

アドリブへの最短ルート:フレーズ当てはめ練習まとめ

今回までにご紹介した練習法を行ううちに、 Cm7-F7-Bb△7というコード進行を見たら、 ストックした3つのフレーズが条件反射で出てくるようになります。

記事を読む

Sponsored Links