アドリブでディミニッシュフレーズを使う方法

前回の記事ではディミニッシュスケールをご紹介いたしました。

たった3種類のスケールが全てのKeyに使える
ツーファイブばかりで面白みがない、ソロの色味を変えたい、 ...

ディミニッシュスケールで作られたフレーズ

このスケールを使ったフレーズにはこのようなものがあります。
フレーズの下に、そのフレーズの元になったスケールの音階を記しました。

訂正
譜面の2段目(青い線で囲まれている箇所)は、
最初の音がCのナチュラルの誤りです。

diminish-phrases

またこのフレーズには、音の並び順に規則性があります。

余力がある場合には、スケールと見比べながら規則性を考えると、
別のフレーズを見つけたり考えたりする際の参考になります。

では実際にこれらのフレーズを
「You’d be so nice to come home to」のソロ中に使うとこのようになります。

一拍くって始めたり、リズムに3連を使ってポリリズムのような風にすると、
より雰囲気が出ます。

ディミニッシュスケールを使える範囲はどこか

ディミニッシュスケールはとても広い範囲で使うことができます。

7thコード、ディミニッシュ7thコードのみならず、
・7thコードの解決先である「マイナートニック」の小節
・7thコードを5としたときの「ツーマイナーセブン(◯m7)」の小節

のような範囲で、
その前後にある7thコードと同じディミニッシュスケールを吹き続けることができます。

つまりコード譜で使える範囲を表すとこうなります。
(下のコード譜は「You’d be so nice to come home to」)
対応するスケールは同じ色で囲んであります。

youdbe-chords

diminish-phrases

重要な注意点

最後に、ディミニッシュのフレーズを使うときに注意すべき点その1です。

解決先のマイナートニックではサウンドしますが、
解決先のメジャーセブンスコード(◯△7)ではサウンドしない

ということには気を付けましょう。

「注意すべき点その2」については、次の記事でご紹介したいと思います。

Sponsored Links