ツーファイブ一覧

転調の多い曲のアドリブのコツ

まず、この曲には6つのKeyのツーファイブ進行が登場しますが、  こういった転調の多い曲を練習するときのポイントがあります。 より多く出てくるKeyのツーファイブ進行から練習していくことで、 曲の多くを占める部分をクリアできる、ということになるので、効率が良いです。

記事を読む

裏コードについて:実践編

「イパネマの娘」でも、今回取り上げた「裏コード」の進行が出てきます。 裏コードとは、 全く違うコードのようであり、 代わりを務め合うことのできる存在 なんです。 <7thが半音で下って着地する進行は『裏コード』> という風に覚えてしまうと良いです。

記事を読む

コード譜は絶対じゃない

譜面に書いてある通りのサイズで演奏しようとするとかなり窮屈ですが、同じスケールを使える範囲では、自由にフレーズを組み合わせることができると思っておくと、アドリブがさらに自由になります。

記事を読む

Ebm7 Ab7のツーファイブフレーズ厳選5種

難しいKeyだけどよく出る というようなツーファイブフレーズは、 いつまでも苦手意識があるともったいないです!フレーズに対して、自分でなにか意味づけをしてやる と長期間覚えていられたり、 アドリブ中でも冷静に思い出すことができたり、良いことがあります。

記事を読む

ディミニッシュスケールのフレーズ

そのオススメの理由は以下の4点です。 ■8つのツーファイブで共通して同じフレーズ/スケールが使える (1つ覚えるだけで、色々な箇所で使える!) ■楽器の特性に合う音域に合わせて、スケールパターンを使用することができる ■少しトリッキーなサウンドにすることができる ■同じ音使いでリズムを変えれば、それだけで手数が増える

記事を読む

ジャズアドリブセミナーをおすすめする理由

「ツーファイブをただ当てはめる」という方法以外のアプローチを学んだとき、 私は急に アドリブを取るのが楽になり、 セッションでロストもしなくなり、 1小節1小節にとらわれすぎず、自由に次々とフレーズを繰り出せるようになり、 大きな変化を感じました。

記事を読む

Stella by starlightのアドリブ練習法

どんな曲にも使えるアドリブ練習法ですので、ぜひマスターしてください♪ ツーファイブのコード進行が出てきたら、 ツーファイブフレーズを演奏し、着地させる というシンプルな基準を守ることで、 聴いていて安心できるソロになります。

記事を読む

All of meのコード解釈

ツーファイブの想定の仕方のコツは、 7thコードが、何のコードに4度進行しているか、を見つける ことです。

記事を読む

Yardbird Suiteのアドリブ方法

Yardbird Suiteは、課題曲になることが多いようで、 よく生徒さん方から、アドリブ方法についてご質問をいただくことが多いです。 今回は、Yardbird Suiteのコード進行の解釈やアドリブ方法を記事にします。

記事を読む

酒バラのアドリブ方法

今回のジャズスタンダードのアドリブ方法は、 酒バラ(Days of wine and roses)です。

記事を読む

7thコードが続いたとき(フレーズ例+音源たくさんです)

「A7」が続いたときのアドリブのアプローチを7種類、 ご紹介させていただきます。

記事を読む

ツーファイブの用語説明(短い記事)

「ツーファイブワン」についてのシンプルな説明を書いてみました。

記事を読む

ツーファイブのメジャーとマイナーについて

Cハーモニックマイナーを G7で使うと、 Gハーモニックマイナーパーフェクト5thビロウというスーパーかっちょええ名前になります。

記事を読む

Autumn Leavesのアドリブ方法

ディミニッシュフレーズや、ペンタトニックのフレーズは、 「こういうもんなんだ」と思って、丸覚えしてしまった方が、良いです。 あまり難しく考えず、 とりあえず使ってみる、というのが大切です。

記事を読む

フレーズ同士をうまくつなげる〜その2〜

この着地音の選び方で、「素人っぽい」か、そうでないか、 が分かると言っても良いかもしれません。

記事を読む

フレーズ同士をうまくつなげる〜その1〜

「フレーズ同士が繋がらない」 「不自然な繋がり方になってしまう」 というお悩み、ありませんか。 今回は、そのお悩みをなくすためのコツをご紹介させていただきたいと思います。

記事を読む

Sponsored Links