ソロ一覧

ハリウッドスターから学んだ気持ちのコツ

「周りの人のことを想って、人のことを好きになっていくこと」が 「音楽をすること」であったり「作品を作ること」なのかも

記事を読む

人と演奏するときの気持ちのコツ

失敗のデータを集めるつもりで考えながら演奏を続けると、人前でも安定して普段通りの実力を出すためのヒントを収集することができます。

記事を読む

奇抜なことをやろうとしない

アウトを学ぶには、まずインサイドから、というのはよく言われていますが、 本当にその通りだな、と今になって思います。 アウトしているフレーズは、 単発で使えば、ただ音を外している人になってしまうからです。

記事を読む

「コピーしたソロ」を取り入れるには〜実践編〜

ソロをコピーしたら、まずは、コード名を必ず全ての小節にふりましょう。 これは必ず守ってください。気に入ったフレーズがあれば赤丸をつけます。 そして、それが「トニック」「ツーファイブ」のどちらに分類されるのか、 書き込んでいきます。

記事を読む

「コピーしたソロ」を自分のソロに取り入れるには

アドリブをコピーしたときに、 それを丸暗記しても、違うコード進行の曲に活かすことはできませんし、 覚えるのも大変です。 まずは、アドリブソロを、2小節単位のパーツに分けて、 ストックすることをオススメしています。

記事を読む

ビッグバンドのソロの心得

ビッグバンドのソロって、1コーラスあるかないか、短めなことが多いですよね。ソロの内容を全て決め切ってしまうと、 一字一句間違えられない もし間違えたら戻れない などのプレッシャーから、ど緊張してしまい、ソロが大失敗しやすくなると思います。

記事を読む

ソロの練習がはかどらないのは、知識が少ないせいじゃない

今日こそはこの曲のソロをマスターするぞ!!と意気込んでも、 全く練習がはかどらず、集中力も下がってきて・・・ みたいなことって結構ありますよね。実はこのような楽器の技術が原因になっている場合が多いです。

記事を読む

書き譜をするのは危険

「自分で書き譜をすること」は、 これからアドリブを習得しよう!という方にとって少し危険な方法かもしれません。コードを見てパッといきなりソロをとれない、という方に 一番実践していただきたいのは、「頭の中で書き譜をする」方法です。

記事を読む

良いソロを簡単に思いついてしまう方法

アドリブの練習をするときに、 良いアドリブをとれる確率が高い練習法があります。テーマを演奏することで、 「頭の中にその曲の感じ」というのが少なからず出てくるものです。 この曲のこんな響きがグッとくる というその気持ちが明確でなければ、良いアドリブも思いつきにくいものです。

記事を読む

Sponsored Links