ジャズアドリブセミナーは、新型コロナウイルス対策のため、当面の間、開催を見合わせております。

販売中のジャズアドリブフレーズ集「使い方シミュレーション」

この記事は約7分で読めます。

今回は、現在販売中のジャズアドリブフレーズ集(渋谷菜々子=著)の使い方についてです。

私だったらこのようにフレーズ集を使うかなあ、という手順を書いてみました。

すでにご購入いただいた方も、これから手に入れる方にも、
フレーズ集を効果的に使った練習法をお伝えできれば、と思います。

ジャズアドリブフレーズ集は、以下の販売サイトにて販売中!

nanako-jazz - BOOTH
Gratitude 渋谷菜々子 ジャズフルート CDアルバム販売中! ジャズアドリブ練習に最適なアドリブフレーズ集や私が演奏しYouTubeにアップしたアドリブ動画から採譜したアドリブコピー譜などをご購入いただけます。 アドリブフレーズ集は、C楽器用、Eb楽器用、Bb楽器用、低音楽器用(低音部譜表 へ音記号)をそれぞれ...

このフレーズ集では、「オルタードの使い分け」などのトピックも設けていますので、
Intermiddiateな方にも楽しんで使っていただけると思います。

three-phrasebook

以下のページにジャズアドリブフレーズ集の詳細をご案内しております。
C楽器・Eb管楽器・Bb管楽器・低音部楽器、それぞれご用意しております。

アドリブ練習に、フレーズ集を使う手順

まずアドリブが出来るようになりたい、という「曲」を決めます。

今回は例えで、I’ll close my eyesということにします。
(記事の長さの都合上、最初の9小節で進めていきます)

I’ll close my eyes 最初の9小節

blog-phrases-illclose-1

練習の初めに、コード進行のアナライズをします。

アナライズと言ってもシンプルで、

■どこにツーファイブがあるのか
■ツーファイブはメジャーか、マイナーか
■7thコードから4度進行している箇所はあるか

この3点を考えます。(書き込みもすると、さらに把握しやすいです)
↓上記3点を記すと・・

I’ll close my eyes 最初の9小節
blog-phrases-illclose-2

この曲の構造が、以下のように把握できました。

■1〜2小節目はメジャーセブンスフレーズ(=トニックフレーズ)で演奏できる
■3〜4小節目はマイナーツーファイブフレーズ(ロング)で演奏できる
■5〜6小節目はメジャーツーファイブフレーズ(ロング)で演奏できる
■7〜8小節目もメジャーツーファイブフレーズ(ロング)で演奏できる
※ロングは2小節、の意。

フレーズ集から、該当するフレーズを探していきます

フレーズ集から、アナライズに準じて、フレーズを探していきます。
このとき欲張らずに、最初は各コード進行に対して
「1つずつ」を心がけて
フレーズを集めましょう。

■「I’ll close my eyes」の1〜2小節目はF△7なので、
メジャートニックフレーズのページから、必要なフレーズを見つけます。
フレーズ集・目次
フレーズ集-p2の3

 

↑目次を見ると、矢印がついているところ(19ページ目〜)に
Fメジャートニックフレーズが載っていることが分かりました。

フレーズ集19ページ目
フレーズ集-p19

↑ここから好きなフレーズをチョイスします。
(例えば、1番上のフレーズにしよう〜!という感じで。)


■「I’ll close my eyes」の3〜4小節目は、
Dマイナーに解決するマイナーツーファイブ(Em7b5 A7→Dm)です。

目次を探すと・・29ページがそれに該当します。

フレーズ集・目次
フレーズ集-p2の2

29ページには、4種類の「Em7b5 A7→Dm マイナーツーファイブフレーズ」
が載っています↓

フレーズ集29ページ目
フレーズ集-p29

↑ここから、自分が演奏しやすい/サウンドが好み、なフレーズを選びます。


■「I’ll close my eyes」の5〜6小節目は、
メジャー系のツーファイブであるDm7 G7です。

本来Dm7 G7はC△7に4度進行して解決するので、(Dm7 G7→C△7)
Cメジャーのツーファイブ(ロング)のページを選びます。

フレーズ集・目次
フレーズ集-p2の1

↓目次から探して・・6ページ目へ↓
フレーズ集-p6

→Dm7 G7 C△7のフレーズ発見です。


■「I’ll close my eyes」の7〜8小節目は、
メジャー系のツーファイブであるCm7 F7です。

Cm7 F7→Bb△7と解決するので、
Bbメジャーのツーファイブ(ロング)のページを選びます。

フレーズ集8ページ目
フレーズ集-p8

数種類フレーズが載っていますので、その中から好きなフレーズをチョイスします。

フレーズ集から探したフレーズは、暗記するか、1枚にまとめる

今回ご紹介したような順序でフレーズ集から必要なフレーズを揃えましたら、
1枚の五線紙にまとめると、復習しやすいです。

既に1度見つけたフレーズを探すたび、毎回フレーズ集をめくっていると、
それだけで集中力が削がれてしまい、練習が進まないからです。

そしてなるべく、演奏する際にはフレーズは覚えてしまって、(五線紙を見ずに)
「Dm7 G7といったらこのフレーズ!」というように、
「コードを見たら条件反射的に1つはフレーズが出るようになること」
に集中
すると、アドリブ中に頭真っ白…から脱却できるようになるので
オススメです。
☆ツーファイブなどのコード進行を見てフレーズが出せるようになれば、
初見でのアドリブにも強くなります!

必要なフレーズが集まったら、アドリブのシミュレーション

「このフレーズを演奏したら、次はどのフレーズに繋ぐのか・・」
というシミュレーションを、コード進行を見ながら、音を出して行います。
(このときはバッキングなしで、ゆっくり、テンポも無しでOK)
(コード進行を暗記している方は暗譜で演奏する方が良いです)

↓↓↓

「1コーラス、フレーズを繋げられそう!」と兆しが見えてきたら
人と併せたり、バッキングアプリに併せたりして、
アドリブ完成度をチェックします。

↓↓↓

慣れてきたら、1つのコード進行に対して、フレーズを何パターンか増やします。
フレーズ集から他のフレーズを用意して、
コーラスごとに、違うフレーズを使えるように、再度シミュレーションします。
(この工程は省いて、次の曲に行くのもオススメです!)

このフレーズ集の強みは、オルタード!

■一般的なフレーズ集では、
メジャー系ツーファイブフレーズ
マイナー系ツーファイブフレーズ
分類して掲載されているだけ
■オルタードのフレーズは載っていない
もしくは、混ぜこぜになって載っている

ということが多いですが、このフレーズ集は一味違います。

それは、

「オルタード系」のメジャーツーファイブフレーズと
ノーマル」なツーファイブフレーズが、
分かりやすく分類されている使い方(ジャズ理論)も一緒に
掲載されている
という点です。
フレーズ集9ページ目
フレーズ集-p9

 

オルタード系のメジャーツーファイブフレーズとは、
Cm7 F7→Bb△7
Cm7 F7→Bbm
Cm7 F7→Bb7
というように、
4度進行して解決しているメジャーツーファイブ進行のときにのみ使える、
少しアウトしたようなオルタードテンションを含む、オシャレなフレーズです。
フレーズ集9ページ目〜12ページ目:オルタードツーファイブ(2小節の長さ)
フレーズ集-p12
フレーズ集16ページ目〜17ページ目:オルタードツーファイブ(1小節の長さ)
フレーズ集-p17
ここがポイント!!
オルタードのツーファイブフレーズも、
2小節単位のもの、1小節単位のもの、どちらも各keyで載っています。

なんだか初心者には難しそう・・ご安心を!

☆理論が苦手で、目次から探すのが難しい場合は、
ツーファイブ(ロング)のページを端からパラパラめくって探すだけでOK!
該当するコードネームを見て、それと一致するフレーズを探すことができます。
「メジャーとマイナーのツーファイブの違い」
「オルタードが使える場所とそうでない場所の違い」など、
各章の頭に短い解説が載っているので、基礎理論をご存知ない方でもご利用いただけます。
↓下記画像が、その解説ページです。

フレーズ集4ページ目(下記画像は見本ですので、ほとんど隠していますが・・)
フレーズ集-p4

ジャズアドリブフレーズ集、ご活用いただけましたら嬉しいです!

ジャズアドリブフレーズ集について、詳しくは以下のページに記載しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました