裏でタンギングするとは限らない

たしかに、8分音符が連続するところでは 裏拍でタンギングするのが一般的ではあります。 ですが、本当に全て裏拍タンギングかというと、 実はそうでもありません。

記事を読む

メジャーセブンスが4小節続いたときの対処法

例えば I'll Remember Aprilの最初の4小節。 いくらメジャースケールからできたフレーズや ペンタトニックからできたフレーズを仕込んでおいても、 4小節も続くとすぐにネタ切れになってきます。

記事を読む

コード進行をなるべく簡素化する方法

コード進行は、コードを省いたり、書かれていないコードを想定したり、 アドリブを演奏するときは、意外と色々な解釈の仕方があります。 一見複雑に見えるコード進行も、 なるべく簡単に解釈して演奏すれば、そんなに怖いものではなくなります。

記事を読む

困るコード進行シリーズ2

攻略法は?? Lydb7thスケールとかドリアンスケールとか言われても難しくて困るんですけど・・・ と思いますよね。 2つ、簡単な攻略法があります。

記事を読む

困るコード進行シリーズ

困りますよね、次の小節は半音下のツーファイブであるGm7 | C7です。 困るというよりも、なにか裏コード的な意味があるのかな?とか 考えているうちに頭がグルグル・・・眠くなってきます。 ここはアナライズすると、このようになります。

記事を読む

集中しやすい環境作り

「さて、準備しなきゃ。まずはあれ片付けて、、」と頭の中で考えただけでも、 かなりの集中力を消費してしまうそうです。

記事を読む

テンションOKな場所の簡単な見極め方

スタンダード曲のアドリブを練習するとき、 ちゃんとコードに合ったフレーズを演奏しているはずなのに、 なんだかしっくりこない・・というようなこと、ありませんか? しっくりこない原因は、コード進行上のルールを無視して テンションを使っているからかもしれません。

記事を読む

フレーズが全く覚えられないときは・・

うまく吹けなくても、使うと決めたそのワンフレーズをなんとか習得するんだ!と決めて、 自分にストイックに練習すれば、次の日には必ずできるようになっています。 なぜか、次の日なんです。不思議ですね。

記事を読む

アドリブがなんかキマらない理由

「書き譜をしたけれど、なんだかかっこよくないんです」 とご相談をいただくとき、 実は、みなさんに共通しているポイントがあるんです。

記事を読む

訂正:ディミニッシュスケールの記事

こちらの記事の画像に誤りがございましたので、 訂正いたしました。 コメン...

記事を読む

ビッグバンドのソロの心得

ビッグバンドのソロって、1コーラスあるかないか、短めなことが多いですよね。ソロの内容を全て決め切ってしまうと、 一字一句間違えられない もし間違えたら戻れない などのプレッシャーから、ど緊張してしまい、ソロが大失敗しやすくなると思います。

記事を読む

何度も同じフレーズが出て来てしまう・・

フレーズを覚えて、バッキングに合わせてアドリブの練習をしていると、同じところで、何度も同じフレーズを使ってしまう・・ということはよくありますよね。実はこれ、そんなに「悪いこと」というわけではないんです。

記事を読む

マイナートニック攻略法

マイナーへ向かうツーファイブは、「ハーモニックマイナースケール」を使って演奏されていることが多いのですが、その解決先であるマイナートニックは、「メロディックマイナースケール」を使って演奏されていることが多いです。

記事を読む

ジャズは転調の音楽である

ダイアトニック以外のクッションとなるコードは、 「一時的に転調している」と考えると演奏しやすいです。このような、小節ごとのKeyの把握ができていると、 フレーズのサウンドをより理解することができ、 言語を覚えやすくなると思います。

記事を読む

この曲のKeyは何ですか?

コード進行だけが載っていて、調合が付いていないときは、 どこを見ればKeyが分かるのか? 大体ジャズのコード進行は、初めの1小節目や、 最後のコードが、その曲のKeyになっていることが多いです。

記事を読む

ファイブを消すと演奏しやすい?!パート2

ツーファイブをマイナーセブンスコードのみの解釈にすることにより、 8小節間を通してペンタトニックで演奏することが可能になり、演奏が楽になります。

記事を読む

Sponsored Links