スタンダード一覧

マイナスワンではアドリブできるが本番はダメ、という方へ

マイナスワンでソロがとれるけれど、 本番の舞台や、人と合わせる(バンド練・セッション)と うまくアドリブできない・・ というお悩みを持つ方は多いようです。 今回は、私なりの対処法をいくつか書いていきたいと思います。

記事を読む

エンディング方法その2(逆循)

ラスト1回の「Dm7 G7」の箇所で 「終わりますよ!これがラスト1回ですよ!」とバンドメンバーに伝えるための いかにも最後らしいフレーズ(エンディングフレーズと言うことにします) を演奏する必要があります。

記事を読む

All of meのコード解釈

ツーファイブの想定の仕方のコツは、 7thコードが、何のコードに4度進行しているか、を見つける ことです。

記事を読む

使いまわさないうちは、書き譜と同じ

コードとフレーズが結びついた後であれば、 いくらでも他に新しいフレーズを覚えていくことができるので、 最初は欲張らず、どの曲でも、同じコードには同じフレーズを、 演奏するよう心がけましょう。

記事を読む

必殺技を持とう〜導入編〜

この曲で、必ずこの必殺技を使う!と自分で1つフレーズを決めておくことで、 どの曲をやっても同じフレーズ、ではなく、 曲ごとに「そうきたかー!やるなー!」という展開を作ることができます。

記事を読む

ジャズアドリブセミナー Bコースについて

12月23日(祝・土)に、新しいアドリブセミナーを開講いたします。 「ジャズスタンダードのアドリブの具体的な練習の進め方」を、 ご紹介していきたいと思います。 扱う曲は、以下の曲(追加するかもしれません)の予定です。 当日は、「私が厳選した、ソロをとるための材料となるフレーズ」をお渡しいたします。

記事を読む

3-6-2-5が難しすぎる

アナライズすると、「ツーファイブの解決」の連続であることは分かるのだけど、 この通りにアドリブするのはあまりにも難しい・・・と感じませんか? 今回は曲の最後の「3-6-2-5の攻略法」について紹介させていただきます。

記事を読む

1曲アドリブを仕上げる手順

とりあえず1曲最初から最後まで仕上げてみようとすると、 苦手なKeyのツーファイブも、苦手な進行も、覚えざるを得なくなります。 うまく吹けないところも、どうにかフレーズを引っ張ってきたり、 違う解釈を生み出したり、つじつまを合わせようとすることで、 自分の中のスタンダードや、指癖が決まってくるのかなと思います。

記事を読む

Sponsored Links