このフレーズってかっこいいの?問題

ではその「出来合い」のフレーズをどうやって サウンドさせるか・お気に入りのフレーズに変えていくのか、 私なりのアイデアはこのような感じです。

記事を読む

新コース:アドリブ実践セミナー(楽器使用)

7/27(金)に、 管楽器奏者限定で「アドリブ実践セミナー(楽器使用)」を開催いたします。 上手に演奏する必要はありません。 今後の練習のコツをつかむキッカケになるようなセミナーにさせていただきます。 お気軽にご参加ください♪

記事を読む

新曲では、フレーズを間引く

「できるから」といって、知っているコード進行のところを演奏せず、 まずは、「ここに、このフレーズを必ず入れるんだ」としっかり意思を持って 練習すると、成長のスピードがどんどん速くなっていきます。

記事を読む

素人感が減る!ペンタトニックの練習法

ツーファイブフレーズは、指定されたツーファイブの場所でしか演奏できないので、 コピペ感が出やすいのですが、 ペンタのフレーズは、良い意味で小節線を無視して演奏できる のが魅力です。

記事を読む

コピーした後にやるべきこと

いくら自分で苦労して書いたコピー譜面だとしても、 譜面を見ていきなり、 このフレーズはかっこいいし、使えるんじゃない!? ということは、すぐには分からないものです。

記事を読む

難曲はノータッチor保留で

得意な曲と苦手なタイプの曲には、 必ず共通項があります。 「この曲のここって、あれに似てるかも。あれに使えるかも。」 という発見が、色々な曲に触れているうちに、得られます。

記事を読む

ディミニッシュスケールについて

ディミニッシュスケールとコンビネーションオブディミニッシュスケールは、 始まる音は違うのですが、同じ音使いのスケールです。

記事を読む

移調の練習〜ちょっと難しい編〜

気に入ったフレーズを他のKeyに移調するときにも、 今回のような考え方で移調するとやりやすいです。 ・なんのKeyからなんのKeyに移調したいのか ・何度離れたKeyに移調したいのか をまずは確認することで、 フラットやシャープを付ける位置が明確になってきます。

記事を読む

6月セミナー日程(今週末もあります!)

今までご参加いただきました皆さんも、 まだ参加されていないコースにいらしていただけましたら 嬉しいです♪

記事を読む

アドリブセミナーにご参加いただいた方の統計

2017年11月4日 〜 2018年5月13日の、 セミナーにご参加いただいた方の統計を作ってみました。北海道や大阪・京都・奈良・石川など、 遠くからいらしてくださる方が現れるとは思いもしませんでした。 そして、尺八やオルガン、ボーカルの方もいらして下さったのがとても嬉しいです。

記事を読む

移調のコツ〜簡単レベル編〜

レッスンでいただくご質問のなかで、 移調の仕方に関するご質問が多かったので、 ちょっとしたコツをご紹介いたします。

記事を読む

裏コードを使うタイミング

ツーファイブフレーズは、 優等生と不良(またはちょい不良)の2種類 に分類できることは分かりました。 では、実際のコード進行ではどのように使い分ければ良いのでしょうか?

記事を読む

各練習方法とその効果

アドリブの練習法は色々ありますが、どこにどれくらい時間を割くことが今の自分に必要なのか、 ちゃんと知っておくことで、効率よく成長することができます。

記事を読む

人の気持ちになってみる

家族の前で何をしても緊張しないのは、 もし何かを失敗しても、自分への評価が絶対に変わらない ということが分かっているからだと思うのですが、 バンド演奏もそれと同じかな、と思います。

記事を読む

ブルースセミナーで学べることは・・

どのようにブルースソロの練習をすすめていくと、 全くゼロの状態から効率よく、 7th特有のサウンド+ビバップ特有のサウンド を即興演奏できるようになるか、お話させていただきます。

記事を読む

奇抜なことをやろうとしない

アウトを学ぶには、まずインサイドから、というのはよく言われていますが、 本当にその通りだな、と今になって思います。 アウトしているフレーズは、 単発で使えば、ただ音を外している人になってしまうからです。

記事を読む

Sponsored Links