移調のコツ〜簡単レベル編〜

レッスンでいただくご質問のなかで、 移調の仕方に関するご質問が多かったので、 ちょっとしたコツをご紹介いたします。

記事を読む

裏コードを使うタイミング

ツーファイブフレーズは、 優等生と不良(またはちょい不良)の2種類 に分類できることは分かりました。 では、実際のコード進行ではどのように使い分ければ良いのでしょうか?

記事を読む

各練習方法とその効果

アドリブの練習法は色々ありますが、どこにどれくらい時間を割くことが今の自分に必要なのか、 ちゃんと知っておくことで、効率よく成長することができます。

記事を読む

人の気持ちになってみる

家族の前で何をしても緊張しないのは、 もし何かを失敗しても、自分への評価が絶対に変わらない ということが分かっているからだと思うのですが、 バンド演奏もそれと同じかな、と思います。

記事を読む

ブルースセミナーで学べることは・・

どのようにブルースソロの練習をすすめていくと、 全くゼロの状態から効率よく、 7th特有のサウンド+ビバップ特有のサウンド を即興演奏できるようになるか、お話させていただきます。

記事を読む

奇抜なことをやろうとしない

アウトを学ぶには、まずインサイドから、というのはよく言われていますが、 本当にその通りだな、と今になって思います。 アウトしているフレーズは、 単発で使えば、ただ音を外している人になってしまうからです。

記事を読む

精神論ではない、くじけないコツ

「結果が見えるような練習の作戦を立てること」も非常に大切ですが、 それよりも大切なことがあります。 それは、 ・練習は計画通りには進まない ・その計画を達成するのには、ある程度時間がかかって当然だ と把握しておくことです。

記事を読む

7thコードについてのちょっとした補足

これらのスケール全てをごちゃ混ぜにして、 演奏して良い、というわけではありません。 状況によって、使い分ける必要があるんです。

記事を読む

ブルースから学ぶ「7thコード」の外せないポイント

7thコードは、 状況によってさまざまなスケールが使えます。ですが実は、どんなときでも絶対に外してはいけないポイント、があるんです。

記事を読む

Youtubeアップしました

新しいYoutube動画「Star Eyes」を本日アップしました。 ご覧になっていただけましたら、幸いです。 チャンネル登録していただけましたら、その都度ばんざーい!ってします。

記事を読む

本番のため「だけ」の練習をしない

いま考えると、上のような悩みが起こるのは、 「本番用の練習だけをしていた」のが原因だなあ、と思います。 自分のスタイルも確立されるので、 「曲ごと」にフレーズを変える必要もなくなり、 覚えることがよりシンプルになります。

記事を読む

ジャズアドリブセミナーご参加者の声

実際にアドリブセミナーに参加してみてのご感想やご要望などを記入していただいていますので、これからセミナーへの参加をご検討いただく際の参考になさってください。

記事を読む

新アドリブセミナー:ブルースコース

セミナーで題材にするブルースは、 セッションでよく演奏されるC・F・BbのKeyのブルースです。 また、苦手を感じやすい「マイナーブルース」の アナライズ方法・練習方法・さまざまなアプローチ方法も ご紹介します。(こちらのKeyはCマイナーの予定です)

記事を読む

Lydb7thって実は簡単だった

「lydb7th Scale(リディアンフラットセブンススケール)」という言葉、 教則本を読んでいたり、レッスンを受けたりすると、繰り返し聞く言葉ですよね。 でも、いまいち頭がゴチャゴチャ、というか、 アドリブにどうやって使うんだ?、というイメージですよね。

記事を読む

ブルースのアドリブ方法論1

今日は数あるブルースのアドリブ方法の中でも、 簡単に「内容の濃い」ブルースソロをとれる方法をお伝えさせていただきたいと思います。

記事を読む

書き譜とアドリブの違い

なぜ「これでは書き譜とやっていることが変わらないじゃないか・・」と 感じてしまうのか、という理由を考えてみました。コードネームに関係なく、 演奏するフレーズを「順番」で覚えてしまっている からだと思います。

記事を読む

Sponsored Links