ツーファイブじゃないところのコードの処理

ツーファイブとトニックに分けてフレーズを覚えて、なんていうけれど、
スタンダード集のコード進行のなかには、ツーファイブでないものも沢山あるじゃないか!
そこはどう練習すればよいんだ?と疑問に思いますよね。

私も前はコード進行のなかに突如単体で現れるマイナーセブンや7thにびくびくしていました。

今回はそういう箇所での練習法をご紹介したいと思います。

マイナーセブン(◯m7)と書かれている場合も、
7th(◯7)と書かれている場合も、それを4度進行に書き直しましょう。

ツーファイブに自分で書き直してしまう、考え直す、ということです。

ツーファイブとはなんぞや
Jazzは転調の連続の音楽である、と言われることがあります。...
マイナーセブンだけ、のときはその後ろに7thを書き足します。
Dm7Dから上に完全4度離れているGを書き足すDm7 G7
7thだけのときは、前にマイナーセブンを書き足します。
G7Gから下に完全4度離れているDを書き足すDm7 G7

では、All Of Meのコード進行で練習してみます。

allofme1

All Of Meのコード進行は7thコードが多いですよね。

赤い線をひいてあるコードを、ツーファイブに書き直してみます。

「マイナーセブンだけ、のときはその後ろに7thを書き足し、
 7thだけのときは、前にマイナーセブン」を書き足します。

allofme2

どうでしょう、こうすることで、ツーファイブが現れました。

ちょっと待った、なぜDmやAmのところをツーファイブには直さないのか。

allofme3

この矢印がついている部分ですね。

これは実は「マイナートニック」といって、
◯m7b5-◯7のツーファイブが解決する先の、
ツーファイブワンの「ワン」の部分だからなんです。

トニックの説明はこちらに書いています。

コードをグループ分けしよう
なにか自分の中で課題曲があったとして、 その曲のアドリブ...

このDmやAmは着地した先のゴールのような、安定したサウンドがしています。

DmではDメロディックマイナーやDハーモニックマイナーでできたフレーズ、
AmではAメロディックマイナーやAハーモニックマイナーでできたフレーズを
吹くと良いでしょう。

そんなことを言われても・・という方、こちらのブログでまたマイナートニック攻略法の記事を書きたいと思いますので、お待ちください♪

ツーファイブが書けたら、ストックしてあるツーファイブフレーズをそこで吹いてみましょう。

ですがここで1つ注意があります。
メジャーセブンに続くツーファイブとマイナーに続くツーファイブでは、
使えるスケールは全く違いますので、当然使えるフレーズも変わってきます。

しかし、自分でフレーズを考えるのではなく、
コピー集やフレーズ集又は耳コピから、

メジャーセブンへ続くツーファイブである◯m7-◯7
マイナーコードへ続くツーファイブである◯m7b5-◯7b9のフレーズを
それぞれストックしておくことが肝心です。

もしサウンドしていない場合は、違うツーファイブを吹いてみてください。
サウンドしていない場合、理論上間違った音を使っているツーファイブを選んでしまっている可能性があります。

こういうときに初めて教則本や理論書を開いて読んでみるのです。アベイラブルスケール、などの知識はこのときに役に立ちます。

問題が起きたときになぜその問題が起こっているのかを調べると、
すんなり頭に入ってきます。
そしてその後も知識が定着して、またひとつアドリブでサウンドさせるための方法がわかったことになります。

Sponsored Links