ディミニッシュ一覧

ディミニッシュスケールのフレーズ

そのオススメの理由は以下の4点です。 ■8つのツーファイブで共通して同じフレーズ/スケールが使える (1つ覚えるだけで、色々な箇所で使える!) ■楽器の特性に合う音域に合わせて、スケールパターンを使用することができる ■少しトリッキーなサウンドにすることができる ■同じ音使いでリズムを変えれば、それだけで手数が増える

記事を読む

酒バラのアドリブ方法

今回のジャズスタンダードのアドリブ方法は、 酒バラ(Days of wine and roses)です。

記事を読む

7thコードが続いたとき(フレーズ例+音源たくさんです)

「A7」が続いたときのアドリブのアプローチを7種類、 ご紹介させていただきます。

記事を読む

Blue Bossaのアドリブ方法

とくに、この曲のように、1コーラスが短くて、 何度も同じツーファイブが出てくる場合、 毎回アプローチを変えてやると、 ツーファイブを沢山覚えなくて済むので、結構楽で、かっこよくできます。

記事を読む

St.Thomasのアドリブ方法

Billy Boyは転調がなく、ずっとCメジャーのKeyで進んでいく曲なので、 Bill Mcbirnieさんの演奏では、 ほぼ「Cメジャー1発」「Cメジャーペンタ1発」でアドリブされています。

記事を読む

Cコースアドリブセミナーは凄いです!!

2月12日のアドリブセミナー(Cコース)のテキストがたった今、完成したのですが・・ 内容が凄いです!! 必ずお役に立てるものを!と思い、心を込めて作らせていただきました。

記事を読む

ディミニッシュを使うメリットと注意点

ディミニッシュスケールから作られるフレーズは、 マイナーに向かうツーファイブのときに最もサウンドします。

記事を読む

アドリブでディミニッシュフレーズを使う方法

一拍くって始めたり、リズムに3連を使ってポリリズムのような風にすると、より雰囲気が出ます。また、ディミニッシュスケールはとても広い範囲で使うことができます。

記事を読む

たった3種類のスケールが全てのKeyに使える

ツーファイブばかりで面白みがない、ソロの色味を変えたい、 と思ったときに役に立つフレーズがあります。それはディミニッシュスケールで作られたフレーズです。ディミニッシュスケールには3種類しか種類がなく、どの7thコードも、3種類のいずれかがフィットします。

記事を読む

Sponsored Links