バッキング音源について

Youtubeに新しい動画をアップしています。

Nica's Dream – Jazz Flute Improvisation –

たくさんスタンダードでのアドリブ動画をアップしていますので、
よろしければチャンネル登録をお願いいたします♪

普段使っているバッキング音源

Youtubeや、セミナーで使用している音源のバッキングは、
全て「バンドインアボックス」というソフトで作っています。
bandinabox

コード進行を打ち込む、というだけの最小限の動作でも、
かっこいいバッキングを自動で作ってくれる賢いソフトです。

少し凝りたい場合には、
スタイル(ボサノバやビバップ、フュージョンなども)を選び、
ドラムの奏法なども選ぶことができます。(ブラシやライドシンバルなど)

練習で使っているバッキング音源

練習では、「i real pro」というアプリを使っています。
irealpro

ツーファイブフレーズやペンタトニックフレーズなどを
効率よく覚えるには、何かしらのスタンダードのコード進行に合わせて、
バッキングに合わせて演奏する、というのが一番体得しやすいと思います。

然るべき場所で、正しいフレーズを演奏するとどのようなサウンドになるのか、
というのを勉強するのに、やはりバッキングは必要です。

毎日セッションに行くわけにもいきませんので、
このアプリを使うと、簡単に人と合わせられて便利だと思います。

テンポ・キー・各楽器のボリュームも簡単に変えることができます。

ダウンロードすると、何百曲ものバッキングが手に入るのでオススメです。

このアプリの音源を、iPhoneからブルートゥースでスピーカーに接続し、
流しながら、練習しています。

イヤフォンでバッキングを聴きながら演奏すると、自分の楽器の音が聞こえないので、
音程や音質が狂ってきてしまいます。

なるべく、スピーカーなどからバッキングを流す方が良いと思います。

Sponsored Links