12/28/2016一覧

コードをグループ分けしよう

フレーズを集めるときのポイントは、 「トニック」「マイナートニック」「ツーファイブ」「マイナーへ向かうツーファイブ」 とフレーズをコードのまとまりでグループ分けすることです。

記事を読む

好きな人のことは努力せず覚えられる

ストックしたフレーズでソロを組み立てる練習をするときに大切なことがあります。 それは、自分が心から好きだと思えるフレーズをストックする、ということです。

記事を読む

ツーファイブじゃないところのコードの処理

ツーファイブとトニックに分けてフレーズを覚えて、なんていうけれど、 スタンダード集のコード進行のなかには、ツーファイブでないものも沢山あるじゃないか! そこはどう練習すればよいんだ?と疑問に思いますよね。

記事を読む

ツーファイブとはなんぞや

「ツーファイブ」というのはツーマイナーセブンとファイブセブンのことです。完全4度離れているからと言って、D7とG7でも、Dm7とGm7でもツーファイブとは言いません。

記事を読む

12キーなんて無理だよ・・・

よくでてくるキーのツーファイブやトニックのフレーズを 優先的にストック・練習・暗記しましょう。

記事を読む

練習ノートのススメ

アドリブを練習するときも、練習ノートを付けることでかなり効率がアップします。

記事を読む

一瞬で演奏の悪い癖が治る魔法の方法

普段の練習から録音を行うことで、本番でソロを吹いているリアルタイムで、 自分の演奏がお客さんからどのように聴こえているか把握することができます。

記事を読む

フレーズは数学でいうところの公式?

「フレーズを覚えるときには、何のスケールからどんな音の並べ順でできているかが分からないとアドリブは吹けませんよね?」という疑問をよく耳にします。その答えですが、「そんなことはありません。何も考えず、ただ覚えましょう!」です。

記事を読む

使えるスケールは分かった、でもそれで??

「アドリブを勉強しよう」という最初の段階で、 スケールの音を並べ替えて自分でフレーズを作ろうとするのは大変危険な行為です。

記事を読む

Sponsored Links