アドリブの盛り上げ方

フレーズの分野をコーラスごとに少し変えると、 がらっと雰囲気が変わりますし、 自分で演奏していても迷いがなくなり演奏しやすいです。

記事を読む

FのブルースをYoutubeにアップしました♪

私はブルースが何年間も苦手でしたので、 どこでつまずき、何を疑問に思い、どう打開すべきか、 というのを、ブルースセミナーでお伝えできれば、と思います♪

記事を読む

NO IMAGE

サイトマップ

ジャズアドリブの仕方のサイトマップを表示しています。

記事を読む

言われるがまま、も悪くない

言われるがままやる、ということは、なんだか悪いことのようにも思えますが、 まずは、「これはこういうものなんだ」と割り切って進むことが一番大切です。

記事を読む

7thコードが続いたとき(フレーズ例+音源たくさんです)

「A7」が続いたときのアドリブのアプローチを7種類、 ご紹介させていただきます。

記事を読む

Blue Bossaのアドリブ方法

とくに、この曲のように、1コーラスが短くて、 何度も同じツーファイブが出てくる場合、 毎回アプローチを変えてやると、 ツーファイブを沢山覚えなくて済むので、結構楽で、かっこよくできます。

記事を読む

ツーファイブの用語説明(短い記事)

「ツーファイブワン」についてのシンプルな説明を書いてみました。

記事を読む

7thコードが続くとき(チュニジア編1)

7thコード1発のアドリブって、 ビッグバンドのソロでもたまに出てきたり、 ラテンの曲でも、結構多いですよね。 今回は、7thコードが続いたときの、 アドリブのアイデアをご紹介させていただきます。

記事を読む

アドリブフレーズ集の選び方

例えば以下のようなフレーズのみをソロで使ってしまうと、 「スケール練習」っぽく聴こえ、 ジャズらしく聴こえない原因となります。

記事を読む

Star Eyesのアドリブ方法

今回は、Star Eyesです。 美しいメロディとは裏腹に、 転調の激しいコード進行についていかなくてはならず、 意外と難しい曲です。

記事を読む

ハリウッドスターから学んだ気持ちのコツ

「周りの人のことを想って、人のことを好きになっていくこと」が 「音楽をすること」であったり「作品を作ること」なのかも

記事を読む

人と演奏するときの気持ちのコツ

失敗のデータを集めるつもりで考えながら演奏を続けると、人前でも安定して普段通りの実力を出すためのヒントを収集することができます。

記事を読む

ライブはこんな感じでした

今週は、六本木バードランドにて、ライブをしてきました。 13名で演奏したので、ビッグバンドのようで、 メンバーも、昭和音大の友達や先輩・後輩でしたので、 とても賑やかで楽しかったです!

記事を読む

使いまわさないうちは、書き譜と同じ

コードとフレーズが結びついた後であれば、 いくらでも他に新しいフレーズを覚えていくことができるので、 最初は欲張らず、どの曲でも、同じコードには同じフレーズを、 演奏するよう心がけましょう。

記事を読む

モチベーションを保つために

「あれやらなきゃなー、でもこれも練習しないとだから、やっぱり今度やろう」 と焦って他のことを付け焼き刃でやっていると、 いつも同じところの堂々巡りで、成長できてないなー、と後で落ち込むことになるので、 急がば回れ、なのです。

記事を読む

リディアンb7thスケールについて

今日から記事の最後に、日記的なおまけを付けてみることにしました。

記事を読む

Sponsored Links