バラード一覧

バラードのアドリブのコツ

バラードのテンポでいつものツーファイブフレーズやドミナントフレーズを使うと、16分音符で演奏した場合、尺が足りない8分音符で演奏した場合、間延びしてしまうという問題が出てくることがあると思います。

記事を読む

渡辺貞夫さんから学ぶバラードのアドリブ

Youtubeに最近「Everything happens to me」をアップしましたので、 今回はその曲を題材に、「バラードの私なりの練習方法」について、記事にします。

記事を読む

バラードのアドリブ練習法パート2

3拍子に変換したフレーズを、 以下の3つのようなリズムでバラードソロに用いてみましょう。3連符をさらに分割して吹けるようにしておくことの利点は、 吹きやすい&バラードに実は一番大切な推進力・スピード感を出せる というところにあります。

記事を読む

バラードのアドリブ練習法パート1

3連符のリズムでフレーズが吹くためには、 既に持っているフレーズを「3でわれる音数」に調整しなければなりません。 バラードは、全音符・2分音符・4分音符・8分音符・3連符・16分音符 をうまく組み合わせて吹くことが大切です。そこで、元々持っているフレーズを、まずは「3拍子のリズムで吹けるように」練習しましょう。

記事を読む

バラード用のフレーズは必要か

普通のミディアムテンポで吹くようなフレーズとは別に、バラード用のフレーズが必要なのではないか? と疑問に思っていました。バラードやミディアムスローなどテンポの遅い曲で、8分音符や4分音符だけを使ってソロをとるのはさすがに限界もあります。

記事を読む

曲ごとにソロの内容は変えるべきなのか?

大学時代に 「ビバップの曲とボサノバの曲では、アドリブの内容は変えなくて良いのだろうか?」 と疑問を抱いていた時期があります。

記事を読む

Sponsored Links