ダイアトニックコード一覧

バラードのアドリブのコツ

バラードのテンポでいつものツーファイブフレーズやドミナントフレーズを使うと、16分音符で演奏した場合、尺が足りない8分音符で演奏した場合、間延びしてしまうという問題が出てくることがあると思います。

記事を読む

It could happen to youのアドリブ方法

この曲はスタンダードの中でも、特に演奏しにくい部類に入ると思うのですが、 演奏しやすい「シンプルなコード進行の捉え方」がありますので、 是非最後まで読んでいただけましたら嬉しいです。

記事を読む

ジャズは転調の音楽である

ダイアトニック以外のクッションとなるコードは、 「一時的に転調している」と考えると演奏しやすいです。このような、小節ごとのKeyの把握ができていると、 フレーズのサウンドをより理解することができ、 言語を覚えやすくなると思います。

記事を読む

この曲のKeyは何ですか?

コード進行だけが載っていて、調合が付いていないときは、 どこを見ればKeyが分かるのか? 大体ジャズのコード進行は、初めの1小節目や、 最後のコードが、その曲のKeyになっていることが多いです。

記事を読む

ツーファイブとはなんぞや

「ツーファイブ」というのはツーマイナーセブンとファイブセブンのことです。完全4度離れているからと言って、D7とG7でも、Dm7とGm7でもツーファイブとは言いません。

記事を読む

Sponsored Links