コード一覧

書き譜とアドリブの違い

なぜ「これでは書き譜とやっていることが変わらないじゃないか・・」と 感じてしまうのか、という理由を考えてみました。コードネームに関係なく、 演奏するフレーズを「順番」で覚えてしまっている からだと思います。

記事を読む

聴いても何のコードか分かりません

「バッキングを聴いても、なんのコードが演奏されているか分かりません。 これでもアドリブできるんでしょうか?」 という質問をよくいただきます。 コードが聞き取れなくてもアドリブできる理由

記事を読む

このコードの解釈、あやふや?パート2

今回はb9thのテンションのついたセブンスコードについてのお話です。このb9、小さく書いてありますが、実はとっても大事なんです。安全にb9のテンションをサウンドさせたいときには、 マイナーへ向かうツーファイブのフレーズを吹いた方が無難です。

記事を読む

このコードの解釈、あやふやじゃありませんか?

「C6」のような6thコードがアドリブのコード進行に突如あらわれると、 「何したらいいんだろう??」と、私も最初の頃は困っていました。ソロをとるときは、この「C6」を頭の中で「CMaj7(=C△7)」と置き換えてしまってOKです。

記事を読む

メジャーセブンス攻略その1

メジャーセブンスコードって、 何を吹いたら良いのか分からない・・・。この悩み、皆さん共通して持っているものみたいです。メジャーセブンスが得意になれるような私なりの攻略法を、 ひとつずつ紹介させていただきたいと思います。

記事を読む

コード進行を覚えるのが楽になるコツ

コード進行が覚えられない、という悩みに、 私がいつも使っているとっておきの対処法があります。 それは「コードひとつひとつに感想を持つ」という方法です。 コードやコード進行に感想を持つことで、 頭の中に、 Irealbのアプリのようにコード進行の映像(画像)が次々出てきやすくなります。

記事を読む

フレーズは数学でいうところの公式?

「フレーズを覚えるときには、何のスケールからどんな音の並べ順でできているかが分からないとアドリブは吹けませんよね?」という疑問をよく耳にします。その答えですが、「そんなことはありません。何も考えず、ただ覚えましょう!」です。

記事を読む

Sponsored Links