裏コードについて:実践編

以前、「難しいコード進行:半音で下がる7th」という記事を書きました。

難しいコード進行:半音で下がる7th
以下のようなコード進行ってよく見かけませんか? 今日の記事は 7thコードのルートが半音...

この記事で取り上げたコード進行は、
『7thコード→7thコード」に半音で下る、という進行でした。

bb7a7-4

今回は、チュニジアやイパネマのコード進行を題材に、

「7thコード→7thコード以外のコード」に半音で下る進行

について、書きたいと思います。

7thコードが半音で下って着地する進行

A Night In Tunisiaの下記の進行をご覧ください。
最初の8小節の進行です。

tunisia-chords-original

ルートの音が、EbからDに半音で下っていますね。

ここでのEb7はA7の裏コード、と呼ばれます。
tunisia-chords-explain

裏コードとは、

全く違うコードのようであり、
代わりを務め合うことのできる存在

なんです。

<7thが半音で下って着地する進行は『裏コード』>

という風に覚えてしまうと良いです。

たとえばEb7の代わりに A7 というコードに交換すると・・・
tunisia-chords-substitute
普通の4度進行に生まれ変わりました。
なんだか安心感があります。

裏コードでは、どうアドリブすれば良いの?

Eb7 |Dmというような進行は、
A7 | Dmという進行と、同じ内容のアドリブをとることができます。

Eb7の箇所で
Em7b5 A7のマイナーツーファイブフレーズを演奏したり、
tunisia-example-1
Dマイナーペンタトニック1発で演奏してみたり
tunisia-example-2
Dメロディックマイナー1発で演奏してみたり
tunisia-example-3

・・と、色々自由が効くんです。

もちろん、Eb7のコードの解釈のまま、演奏することも可能です。

その場合、Eb7の小節で、Bbm7 Eb7のツーファイブのフレーズ
演奏すると、とてもサウンドが良いです。
tunisia-example-4

裏コードは「イパネマ」にも出てくる進行

「イパネマの娘」でも、今回取り上げた「裏コード」の進行が出てきます。

以下は最初の8小節間のコード進行です。
ipanema-chords-original
これもF#7からF△7へ半音で進行しています。
「F#7」は「C7」の裏コードです。

上記の進行は、以下のような普通のツーファイブだと思って演奏することができます。
ipanema-chords-substitute

アドリブするときは、

Gm7 | F#7 | F△7のコード進行に対して、
Gm7 | C7 | F△7のツーファイブフレーズを演奏する

とばっちりサウンドします。
このような感じです。
ipanema-example-1

また、

オルタードテンションが使われたGm7 C7ツーファイブフレーズ

ですと、さらにサウンドはぴったりです。
以下のような感じです。
ipanema-example-2

裏コードとはなんなのか?

裏コードとは、

全く違うコードのようであり、
代わりを務め合うことのできる存在

なのですが、

増4度、もしくは減5度、の音程差があるコード

のことです。

12個の7thコード全ての裏コードを書くと、
以下のようになります。

C7←→F#7
D7←→Ab7
E7←→Bb7
F7←→B7
G7←→Db7
A7←→Eb7
Sponsored Links