1曲アドリブを仕上げる手順

とりあえず1曲最初から最後まで仕上げてみようとすると、 苦手なKeyのツーファイブも、苦手な進行も、覚えざるを得なくなります。 うまく吹けないところも、どうにかフレーズを引っ張ってきたり、 違う解釈を生み出したり、つじつまを合わせようとすることで、 自分の中のスタンダードや、指癖が決まってくるのかなと思います。

記事を読む

ツーファイブは12keyで練習せず、聴き映えしやすい音域で

私のアドリブ練習方法では、ツーファイブは移調せず、そのKeyに対して1つか2つをストックすることをおすすめしています。各Keyごとにお気に入りのフレーズを持つことで、自然とワンコーラスでさまざまなツーファイブを吹くことに繋がります。

記事を読む

このコードの解釈、あやふや?パート2

今回はb9thのテンションのついたセブンスコードについてのお話です。このb9、小さく書いてありますが、実はとっても大事なんです。安全にb9のテンションをサウンドさせたいときには、 マイナーへ向かうツーファイブのフレーズを吹いた方が無難です。

記事を読む

このコードの解釈、あやふやじゃありませんか?

「C6」のような6thコードがアドリブのコード進行に突如あらわれると、 「何したらいいんだろう??」と、私も最初の頃は困っていました。ソロをとるときは、この「C6」を頭の中で「CMaj7(=C△7)」と置き換えてしまってOKです。

記事を読む

好きなアーティストを紹介します

今回は、最近私がよくアドリブコピーするアーティストと、 そのコピーをどのようにアドリブに活かしているか、をご紹介したいと思います。

記事を読む

ソロの練習がはかどらないのは、知識が少ないせいじゃない

今日こそはこの曲のソロをマスターするぞ!!と意気込んでも、 全く練習がはかどらず、集中力も下がってきて・・・ みたいなことって結構ありますよね。実はこのような楽器の技術が原因になっている場合が多いです。

記事を読む

メジャーセブンス攻略その2

メジャーセブンスコードでは、フレーズ集に載っているような 「メジャースケールで作られたフレーズ」を吹く以外にも、「メジャーペンタトニックスケールとブルーノート」を使ってブルージーに吹く方法があります。ペンタトニックと聞くと、適当にスケール一発で吹くというような悪いイメージを思い浮かべるかもしれませんが、それは違います。

記事を読む

メジャーセブンス攻略その1

メジャーセブンスコードって、 何を吹いたら良いのか分からない・・・。この悩み、皆さん共通して持っているものみたいです。メジャーセブンスが得意になれるような私なりの攻略法を、 ひとつずつ紹介させていただきたいと思います。

記事を読む

書き譜をするのは危険

「自分で書き譜をすること」は、 これからアドリブを習得しよう!という方にとって少し危険な方法かもしれません。コードを見てパッといきなりソロをとれない、という方に 一番実践していただきたいのは、「頭の中で書き譜をする」方法です。

記事を読む

ツーファイブとワンは分けて考えよう

実は、「ツーファイブワン」とまとまったブロックで覚えるよりも、 「ツーファイブ」と「ワン」は分けて覚えるようにした方が応用性が高いのです。トニックのフレーズを少し多めに持っておくと、 ・1つのツーファイブからの行き先が増える ・メジャーセブンスコードが続くようなコード進行でもビビらない というメリットがあります。

記事を読む

Sponsored Links