循環の曲の真ん中パート3

循環の曲の真ん中のセクションをマスターしよう!パート3です。

前回の記事はこちら。

循環の曲の真ん中パート2
循環の曲の真ん中のセクションをマスターしよう!パート2です。...

今回は、さらにシンプルにした形で練習する方法についてご紹介します。

「マイナーセブンスだけ」にすれば簡単にサウンドさせることができる

循環のBセクションを、マイナーセブンスコードのみに想定し直すと、
シンプルかつ、簡単にサウンドさせることができます。

このような手順です。

まず、セブンスコードのみのBセクションを、ツーファイブに分けます。

to-two-five

これをさらに、セブンスコードは削除して、マイナーセブンスだけにします。

minor-only

マイナーセブンスコードだけのコード進行を見て
少しビビッてしまうかもしれませんが、大丈夫です。

マイナーセブンスコードのときに、
レジェンド達がよく使っている素敵なフレーズ
があります。

oleo-minor-phrase

このフレーズの良いところは、

コードトーンばかり使っている(コードトーン以外の音は9thのみ)ので、
他のKeyに移調しやすく、困ったときに使いやすい、
ところです。

実際にこのフレーズを使ってみるとこんな感じ

このマイナーセブンスフレーズを
循環のBセクションのところで使ってみると・・

oleo-minor-phrase

最後のコードは裏コードを想定して吹いています。

7thコードのときに、2度マイナーセブンスを想定することで、
ナチュラル9thやナチュラル13thなどのテンション(7thコードからみたテンション)
をいつの間にか演奏していることになります。

これにより、ハマっているのにオシャレなサウンドをさせることができます。 

Sponsored Links