FのブルースをYoutubeにアップしました♪

今日、Fのブルース「Cool Struttin’」Youtubeにアップしました♪

今週の日曜日に、ブルースのアドリブセミナー(座学)を開催いたしますので、
こちらの動画が気に入っていただけましたら、
是非ご参加ください♪

ブルースセミナー
10/14(日)13:30〜15:30(座学)

以下のページが詳細になります。

ブルースセミナーについて↓

新アドリブセミナー:ブルースコース
4月から、アドリブセミナーの新コースを開講いたします。 新...

アドリブセミナーのお申し込み方法・他のコースについて↓

ジャズアドリブセミナー
アドリブセミナーのお申し込み・お問い合わせはこちら 随時ご...

Cool Struttin’(Fブルース)

当日差し上げます小冊子テキストに、
こちらの動画で演奏しているフレーズ例がたくさん載っています。
(意図してそのフレーズを使ったわけではないのですが、
私のフレーズのボキャブラリーから作ったテキストなので、
そうなったようです。)

関係ないのですが、自分で髪の毛を5〜6センチほど切って、
上の動画のような髪型にしてみました。我ながら上手く切れました。

実は以前ブルースは苦手でした

私はスタンダードの曲のコード進行でだいぶアドリブできるようになってからも、

ブルースのソロは苦手でした。

7thコード、というもの自体がよく分かっていなかったのと、

ブルースの7thコードには、
ドミナントのフレーズなんかを入れてもサウンドしにくいし、

どうやったら良いの?!という感じで、苦手でした。

それから数年、ツーファイブ以外の色々なアプローチを学び、

トニックのフレーズも、メジャーセブンス以外のフレーズを色々学んで、

「あぁなんだ、こうやれば何コーラスでも楽しくアドリブできる!」

と思えるようになり、今ではブルースのアドリブは大好きです。

ブルースセミナーはオススメです

私はブルースが何年間も苦手でしたので、
どこでつまずき、何を疑問に思い、どう打開すべきか、
というのを、ブルースセミナーでお伝えできれば、と思います♪

・どのようにブルースのアドリブ練習をすすめるべきか
・ブルースの曲と、普通の曲のアドリブで混乱しやすい箇所
・ブルースでソロの内容を展開する方法
・ペンタトニックやブルーススケールの効果的な使い方

などをお伝えするセミナーになりますので、
ブルースセミナー、おすすめです!

セミナーでは、
すぐ使える譜例(移調譜付き)・小冊子テキスト・音源をお配りします。

Sponsored Links