ディミニッシュを使うメリットと注意点

前回まで2回にわたってディミニッシュスケールを使ったソロについて
ご紹介させて頂きました。

たった3種類のスケールが全てのKeyに使える
ツーファイブばかりで面白みがない、ソロの色味を変えたい、 ...
アドリブでディミニッシュフレーズを使う方法
前回の記事ではディミニッシュスケールをご紹介いたしました。 ...

今回は「ディミニッシュスケールを使うときのメリットと注意点」
についてご紹介いたします。

ディミニッシュのフレーズを使うメリット

ディミニッシュのフレーズを使う利点は、沢山あります。

・スケール自体が特殊な響きなので、ソロの色を大幅に変えることができる
・3種類しか種類がないので覚えやすい
・ツーファイブのフレーズは
頭からお尻まで全て音を正しく吹かなければサウンドしなかった」
のに対し、ディミニッシュのフレーズはどの拍から吹き始めても、
どの拍で終わってもサウンドします。
・広い範囲で同じスケールを使うことができ、
コード進行を大きくとって考えることができる

ディミニッシュのフレーズを使うときの注意点

ディミニッシュスケールから作られるフレーズは、
マイナーに向かうツーファイブワンのときによりサウンドします。

このような場合です。

to-minor

そして、普通のツーファイブ(◯△7に向かう◯m7 ◯7)のコード進行上でも使えます

使える、のですが、、

2度セブンのときに使うのは理論上さまざまな理由から、サウンドしません。

例えば、「All Of Me」のこの部分では使うべきではありません。
All Of MeのKeyである「C」を1としたときの、2はD、
つまり2度7thコードであるD7のときはディミニッシュスケールを使ってはいけません。

allofme-chords

また、もうひとつ注意点があります。

慣れないうちは適当に吹くのではなく、
しっかりディミニッシュスケールから作られる格好良いフレーズを研究して
ストックする

という工程を欠かさないようにしてください。

Sponsored Links