困るコード進行シリーズ

今回は、よく「なにこれ?どう演奏したら良いの?」と思ってしまうコード進行について
書いていきたいと思います。

Just Friendsのここ

confusing-chords

困りますよね、次の小節は「半音下のツーファイブであるGm7 | C7」、
どう見ても解決していないし・・。

困るというよりも、なにか裏コード的な意味があるのかな?とか
考えているうちに頭がグルグル・・・眠くなってきます。

ここはアナライズすると、このようになります。
analize-chords

この曲のKeyであるFメジャーから見て5番目の「C7」に解決するための
ツーファイブである「Dm7 | G7」の裏コードが、Abm7 | Db7です。

Dm7 | G7の代理コード(Substitute Dominant)の役割をしています。
theory-dominant

しかし実際には素直にC7に進んでいるわけではなく、
Gm7に進んでいるため、偽終止(Deceptive Solution)になっています。
そのため、「subファイブ/ファイブ7th」には「カッコ」をつけてアナライズします。

しかし、そんなことを知っても何を演奏したら良いかは謎のまま

偽終止の代理コードであることは分かったけど、
実際アドリブで何を演奏したら良いか?が問題ですよね。

次回は、このようなコードの攻略法について、書いていきたいと思います。

Sponsored Links