練習に行き詰まったら一覧

このフレーズってかっこいいの?問題

ではその「出来合い」のフレーズをどうやって サウンドさせるか・お気に入りのフレーズに変えていくのか、 私なりのアイデアはこのような感じです。

記事を読む

フレーズがしっくりこない

自分のお気に入りのフレーズだと、 何度同じフレーズを使っても、人には「またか」と思われないんです。 「かっこよさ」が伝わっているから。 「自分が良いと思った理由」が伝わっているから。 自分のお気に入りのフレーズだけでアドリブができたら、 自信を持ってアドリブができるんです。

記事を読む

できない、だからどうした?が大切

考え過ぎはよくありません。責め過ぎもよくありません。 「できないよ、でもだからなんなの?」 と自分に問いかけてあげることが、大事かもしれません。 So What?ですね♪

記事を読む

聴いても何のコードか分かりません

「バッキングを聴いても、なんのコードが演奏されているか分かりません。 これでもアドリブできるんでしょうか?」 という質問をよくいただきます。 コードが聞き取れなくてもアドリブできる理由

記事を読む

何度も同じフレーズが出て来てしまう・・

フレーズを覚えて、バッキングに合わせてアドリブの練習をしていると、同じところで、何度も同じフレーズを使ってしまう・・ということはよくありますよね。実はこれ、そんなに「悪いこと」というわけではないんです。

記事を読む

ソロの練習がはかどらないのは、知識が少ないせいじゃない

今日こそはこの曲のソロをマスターするぞ!!と意気込んでも、 全く練習がはかどらず、集中力も下がってきて・・・ みたいなことって結構ありますよね。実はこのような楽器の技術が原因になっている場合が多いです。

記事を読む

新しいフレーズは1曲につき1個出せれば合格

「新しいフレーズを覚えたり、練習したりしても、 いざ曲で吹こうとすると、全く出てきません・・」私も学生時代、「どうしたものか」と何年間か悩んだ問題です。フレーズをひとつひとつ自分のモノにして、確実に前に進んでいくために、 私はこのようにルールを決めています。

記事を読む

バラード用のフレーズは必要か

普通のミディアムテンポで吹くようなフレーズとは別に、バラード用のフレーズが必要なのではないか? と疑問に思っていました。バラードやミディアムスローなどテンポの遅い曲で、8分音符や4分音符だけを使ってソロをとるのはさすがに限界もあります。

記事を読む

曲ごとにソロの内容は変えるべきなのか?

大学時代に 「ビバップの曲とボサノバの曲では、アドリブの内容は変えなくて良いのだろうか?」 と疑問を抱いていた時期があります。

記事を読む

「覚えられない」という悩みには

覚えられないよーと思うときには、 私たちは「これくらいは簡単に覚えられるはずだ」と勘違いしているのかもしれません。

記事を読む

Sponsored Links