ジャズスタンダード練習法一覧

ど定番ジャズスタンダード曲とは

ジャズスタンダードを最初にどんどん練習する、というのは理にかなっているなぁと思いました。いろいろなコード進行のパターンを学べたり、 色々なkey(ツーファイブでもトニックでも)を学ぶことができます。

記事を読む

Confirmationのちょっとしたコツ

始めの1小節を演奏すれば、あと7小節は自動で演奏できる というような、自動演奏モードを作っておきます。

記事を読む

All of meのコード解釈

ツーファイブの想定の仕方のコツは、 7thコードが、何のコードに4度進行しているか、を見つける ことです。

記事を読む

Yardbird Suiteのアドリブ方法

Yardbird Suiteは、課題曲になることが多いようで、 よく生徒さん方から、アドリブ方法についてご質問をいただくことが多いです。 今回は、Yardbird Suiteのコード進行の解釈やアドリブ方法を記事にします。

記事を読む

渡辺貞夫さんから学ぶバラードのアドリブ

Youtubeに最近「Everything happens to me」をアップしましたので、 今回はその曲を題材に、「バラードの私なりの練習方法」について、記事にします。

記事を読む

酒バラのアドリブ方法

今回のジャズスタンダードのアドリブ方法は、 酒バラ(Days of wine and roses)です。

記事を読む

Blue Bossaのアドリブ方法

とくに、この曲のように、1コーラスが短くて、 何度も同じツーファイブが出てくる場合、 毎回アプローチを変えてやると、 ツーファイブを沢山覚えなくて済むので、結構楽で、かっこよくできます。

記事を読む

7thコードが続くとき(チュニジア編1)

7thコード1発のアドリブって、 ビッグバンドのソロでもたまに出てきたり、 ラテンの曲でも、結構多いですよね。 今回は、7thコードが続いたときの、 アドリブのアイデアをご紹介させていただきます。

記事を読む

Star Eyesのアドリブ方法

今回は、Star Eyesです。 美しいメロディとは裏腹に、 転調の激しいコード進行についていかなくてはならず、 意外と難しい曲です。

記事を読む

It could happen to youのアドリブ方法

この曲はスタンダードの中でも、特に演奏しにくい部類に入ると思うのですが、 演奏しやすい「シンプルなコード進行の捉え方」がありますので、 是非最後まで読んでいただけましたら嬉しいです。

記事を読む

Sponsored Links