ジャズスタンダード練習法一覧

Blue Bossaのアドリブ方法

とくに、この曲のように、1コーラスが短くて、 何度も同じツーファイブが出てくる場合、 毎回アプローチを変えてやると、 ツーファイブを沢山覚えなくて済むので、結構楽で、かっこよくできます。

記事を読む

Star Eyesのアドリブ方法

今回は、Star Eyesです。 美しいメロディとは裏腹に、 転調の激しいコード進行についていかなくてはならず、 意外と難しい曲です。

記事を読む

It could happen to youのアドリブ方法

この曲はスタンダードの中でも、特に演奏しにくい部類に入ると思うのですが、 演奏しやすい「シンプルなコード進行の捉え方」がありますので、 是非最後まで読んでいただけましたら嬉しいです。

記事を読む

Autumn Leavesのアドリブ方法

ディミニッシュフレーズや、ペンタトニックのフレーズは、 「こういうもんなんだ」と思って、丸覚えしてしまった方が、良いです。 あまり難しく考えず、 とりあえず使ってみる、というのが大切です。

記事を読む

Just Friendsのアドリブ方法

アドリブのフレーズ内容で、「4度」を気にする必要はありません。 「4度だからリディアンを使わないと・・」など考えなくって、大丈夫なんです。

記事を読む

イパネマの娘のアドリブ方法

ボサノバでは、フレーズの内容は変えず、フレーズをイーブンで演奏することを 意識することが大切です。 Youtubeと連動させて解説していきたいと思います。

記事を読む

I’ll Close My Eyesのアドリブ方法

こんな風に、同じフレーズを、半音でどんどん上げたり下げたりすると、 Keyが特定できず、不思議なサウンドになるので、 アドリブの雰囲気が一気に変わります。 たまに使ってみると、面白いです。

記事を読む

St.Thomasのアドリブ方法

Billy Boyは転調がなく、ずっとCメジャーのKeyで進んでいく曲なので、 Bill Mcbirnieさんの演奏では、 ほぼ「Cメジャー1発」「Cメジャーペンタ1発」でアドリブされています。

記事を読む

Sponsored Links