ビバップスケールについて

フレーズを覚えるときに、
ビバップスケールの知識があると、
フレーズが理解しやすく、覚えやすくなります。

ビバップスケールから作られているフレーズって
実はとても多いんです。

例えば・・・

例えばこのようなフレーズ、聴き覚えがありませんか?

bebopscale-1

赤い矢印がついているところが、
ビバップスケールの特徴的な箇所です。

ビバップスケールとは?

ビバップスケールというのは、

「7thコード」の「ルートの半音下」の音が一回出てきて、
あとは道なり(ミクソリディアンスケール)

というスケールです。(文章だと難しい感じがするので、下の譜面をご覧ください。)

G7のビバップスケールの場合は、

Gの音のあとに「半音下がったF#」の音が入って、
あとは、解決先のメジャースケール(Cメジャースケール)の音を並べるだけ

でスケールの完成です。
bebopscale

注意!
このルートから半音下がったF#の音が「表拍」にきてしまうと、サウンドせず、
ビバップスケールにはなりません。

ツーファイブの「ツー」の部分でも使える

ビバップスケールは、
7thコードのときだけではなく、
そのペアとなる2度マイナーセブンスコードでも使うことができます。

bebopscale-2

マイナーセブンスコードがずっと続く箇所でも使える

また、Dm7がずっと続くようなコード進行上でも、
G7を想定して、G7ビバップスケールを使用することができます。

bebopscale-3

解決していないツーファイブでも使える

このように、解決していないツーファイブにも使用することができます。
(要注意コードである「2度セブンス」のときにも使えます!)

bebopscale-4


フレーズ集にも、
ビバップスケールでできたフレーズが沢山載っていると思います♪

Sponsored Links