2019年11月23日(土)ジャズアドリブセミナー Aコース、2019年11月25日(月)ジャズスタンダードコース、2019年11月30日(土)実践コース ご参加受付中です!

ディミニッシュスケールについて

この記事は約3分で読めます。

ディミニッシュスケールというのは、
「ディミニッシュコード」「7thコード」上で
使うことができます。

ディミニッシュスケールとコンビネーションオブディミニッシュスケールは、
始まる音は違うのですが、同じ音使いのスケールです。

ただし、

ディミニッシュコードには「ディミニッシュスケール」を使う
7thコードには「コンビネーションオブディミニッシュスケール」を使う

という決まりがあります。

ディミニッシュとコンディミの違い

ディミニッシュスケールは、
ルートの音から「全音・半音・全音・半音・・」という音並び
コンビネーションオブディミニッシュスケールは、
ルートの音から「半音・全音・半音・全音・・」という音並び

という違いがあります。

呼び方は違えど、この2つのスケールは、始まる音によっては全く同じ音使いになります。

コードとスケールの関係性

C#dim7という「ディミニッシュコード」には「ディミニッシュスケール」を使います。

ルートのC#の音から「全音・半音・全音・半音・・」のスケールで、
C#・D#・E・F#・G・A・Bb・Cという音の並びです。
C#-dim

Eの音から「全音・半音・全音・半音・・」でも同じ音使いになり、
Gの音から「全音・半音・全音・半音・・」でも同じ音使いになり、
Bbの音から「全音・半音・全音・半音・・」でも同じ音使いになります。
dim-chords

この4つのディミニッシュコードで共通のディミニッシュスケールが使える、
ということです。


C7という「7thコード」には、
「コンビネーションオブディミニッシュスケール」を使います。

ルートのCの音から「半音・全音・半音・全音・・」のスケールで、
C・C#・D#・E・F#・G・A・Bbという音の並びです。
C7-dim

D#の音から「半音・全音・半音・全音・・」でも同じ音使いになり、
F#の音から「半音・全音・半音・全音・・」でも同じ音使いになり、
Aの音から「半音・全音・半音・全音・・」でも同じ音使いになります。
7th-dim

この4つの7thコードで共通のコンビネーションオブディミニッシュスケールが使える、
ということです。


重要!!!

最初に書いたディミニッシュスケールと、
上のコンビネーションオブディミニッシュスケールは、
始める音は違いますが、全て同じ音です。

8つのコードで共通のスケールが使える

C#dim7, Edim7, Gdim7, Bbdim7
C7, Eb7, F#7, A7

上の8つのコードで同じディミニッシュスケール/コンディミスケール
を使える、ということがわかりました。

ディミニッシュスケール/コンディミスケールは
あと2種類あり、(全音・半音という規則性があるので、3種類しかないんです)

Cdim7, Ebdim7, F#dim7, Adim7
B7, D7, F7, Ab7

で同じディミニッシュスケール/コンディミスケール、

Bdim7, Ddim7, Fdim7, Abdim7
Bb7, Db7, E7, G7

で同じディミニッシュスケール/コンディミスケールが使えます。

今週末はアドリブセミナーAコース

今週末はアドリブセミナーAコースを開催します。
(今週末ってもう6月なんですね!びっくり!)

6/3(日)13:45〜16:45

Aコースでは、

コード進行を「自分がアドリブしやすいように、かつ理論的にとらえる方法」

をお伝えしています。

コード進行のとらえかた1つで、

アドリブの練習効率はぐっと上がり、
フレーズを使い回すことも上手になり、
少ないフレーズでどんなコード進行にも対応できるようになります。

そしてロストしにくくなります。

詳細・お申し込みはこちらより、お待ちしております。

ジャズアドリブセミナー
ジャズアドリブセミナーを随時開催しています。どんな楽器を演奏される方にもお役に立てると思います。「社会人や学生の方の誰でも確実にモノにできる」アドリブ練習方法・手順・理論・分析方法をお伝えします。当日は、復習用のテキストと、スタンダード15曲のコード進行の解釈見本(アナライズ見本)をお渡しいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました